空へ

f0116528_2202363.jpg

無機質な雪原に生命を感じます
by hokkaido-tairiku | 2007-02-28 22:02 | 風景 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hoktairiku.exblog.jp/tb/4716271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by skimama at 2007-03-01 00:43
一瞬、オフ・ピステのシュプールかと思いました!
美しいですね!
でも私の思考は↓・・・tairikuさんは↑・・・うーん・・・
昔ねスキー命の時代があって、だれも入っていない斜面見つけては、
美しいシュプールを描きたくて深雪漕いで上ったりしたんですよ・・・
それ思い出して。
シンプルな絵には物語が隠されていますね!

特に右からの微かな陰りが一筆すーっと薄墨ではいたようで、
本当に美しい・・・!!私はとても好きです。
だってこんなに美しい斜面に立つと、前後の差がわからなくなるのですもの!
足裏にくる感覚だけが頼り。そういう感覚を思い出させる作品は、
写真という形は違えど、私には同じに思えます。
応えてくれるんです、心にね。
tairikuさんの世界、益々愉しみになりました。
道遥かな私は、いい作品をたくさん拝見したいのです。
Commented by hokkaido-tairiku at 2007-03-01 21:17
skimamaさん こんばんは。
嬉しいコメントありがとうございます。
とても励みになります。
この丘は草も木も無くてただ足跡だけが残されていたんです。
「撮りたい」という意識というか感覚だけで撮ったものです。

スキーは私も狂った時期がありまして、もっぱらゲレンデスキー
でしたが、それでも新雪を滑りたいとコース脇の誰も滑っていない
ところをよく滑ったものです。滑っているときに舞い上がって
顔にかかる雪がまた気持ちいいんですよね。
Commented by snowy-scene at 2007-03-07 00:12
こんばんは
素晴らしいです・・・!
青い空へと続く道、果て無き道・・・
そんな言葉が頭をよぎりました!
Commented by hokkaido-tairiku at 2007-03-08 12:38
snowさん こんにちは。
返事遅れてすいませんでした。
無意識というか感覚だけで撮った写真なんですが、
お褒め頂き恐縮です。
名前
URL
削除用パスワード
<< 3月になりましたが・・・ アカゲラ >>