道東・オホーツク紀行2012~最終章

f0116528_20221725.jpg

今日のアップは似たような写真ばかりですが・・・^^;
夕陽の後の「焼け」はこんな感じでした。
思っていたよりは焼けませんでしたが、十分満足でした。
ラスト2枚はE-P3での撮影です。

長い間お付き合い頂いたシリーズも今日で最終回です。
次回からはまた新しいシリーズをお届けします。



f0116528_20274815.jpg
f0116528_20275529.jpg
f0116528_2028676.jpg
f0116528_20281556.jpg

by hokkaido-tairiku | 2012-08-22 20:28 | 夕陽 | Trackback | Comments(26)
トラックバックURL : http://hoktairiku.exblog.jp/tb/17891247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asogasuki at 2012-08-22 21:45
見事な夕空ですね
低い雲は焼けませんが、ダイナミックさを感じます
次のシリーズも楽しみです
Commented by chibigon860 at 2012-08-22 22:25
すごく楽しませてもらいました
次のシリーズも楽しみにしています
Commented by rin-koko at 2012-08-22 22:59
こんばんは~☆
確かに焼けは少ないですが
迫力のある雲がいい雰囲気だと思います。
次はどこかな?・・楽しみにしてますね~♪
Commented by hanapapa at 2012-08-23 00:38 x
こんばんは。
どれもドラマティックな風景で、とても素敵です!

雲の表情と色づき具合が素晴らしいです。
Commented by yukun2008 at 2012-08-23 05:54
これは風と共に去りぬのポスターの背景になったような夕景ですね、風雲急を告げるようなドラマチックな展開を予感させますね♪
Commented by 74mimii at 2012-08-23 05:57
こんにちは!
大空に広がる雲が夕焼けをドラマティックに表現していますねぇ~
素晴らしいです。
E-P3は色あいが優しいですね。
Commented by matsu_chan3 at 2012-08-23 06:15
おはようございます
ドラマチックな夕景ですね!
陽が落ちるまでじっくりカメラを向けているtairikuさんの
忍耐力にカンパーイ \(^o^)/
Commented by lapislazuli54 at 2012-08-23 07:32
北海道の空はダイナミックですね
空気もこちらと違って冷たい気がして…笑
暑さがふきとぶ一枚を期待しています
次はなんのシリーズかしら
Commented by tazu at 2012-08-23 08:12 x
おはようございます。
オホーツク海の夕焼け、堪能させていただきました。
なんとなく物憂げな海を感じますね。
北海道で行ってみたいところの一つとなりました。
Commented by itohnori at 2012-08-23 08:12
hokkaidou-tairikuさん、お早うございます。
 ↓でドラマチックとの感想を書きましたが、今回の方が更にドラマチックですね。
広大な景色の向こうの夕焼けはいつまで眺めていても飽きないのではないでしょうか。
こちらでは見ることのできない風景を堪能させて頂きました。
次はどんな風景かなと楽しみです。
Commented by rin--12 at 2012-08-23 08:27
大陸さん、おはようございます。
美しい色です。
最後の写真が好きです。
旅の終わりって感じですね。
夕陽と朝陽、どっちが好きですか?
そんな話をよくします。
私は朝陽に元気をもらってるような気がします。
夏の晴れた日の朝は窓が真っ青です。

Commented by mika at 2012-08-23 10:31 x
tairikuさん、ご無沙汰しております、mikaです(*^-^*)
ブログを見る限りでは、お元気そうで何よりです。
そして相変わらず美しくてダイナミックなお写真!!!
いろんなところへ足を運んでいますね♪

私は美瑛周辺をうろちょろ、そしてたま~にニセコあたりにも出没してますが・・・
道東は未開の地です(T_T)
もう何年も前、知床が世界遺産に登録されるずっとずっと前に、知床・網走を家族旅行で訪れたぐらいかなぁ?
また行ってみたいのですが、遠くてなかなか手が出せません。笑

私事ですが・・・
この度、自分自身でもラストチャンスということで、またひっそりとブログを再開してみました。
コトノハ -on the BLUE note-から移転し、新装開店です♪
お時間がありましたら、覗きに来て下さい☆

また遊びに来ます(*^。^*)/
Commented by happysweet1205 at 2012-08-23 17:07
夕日の後の焼けもゆっくり撮れて羨ましい~。
一期一会の夕焼け空は、どんな風に焼けても感動しますね~。
低い雲が広がってダイナミックで綺麗ですね^^

Commented by hokkaido-tairiku at 2012-08-23 21:22
asogasukiさん こんばんは。
この雲が焼けてくれたら最高だったんでしょうが、
こればっかりは仕方ないですね。
でも表情がよかったので満足でした^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2012-08-23 21:22
chibigon860さん こんばんは。
長い間お付き合い頂きましてありがとうございました。
次も似たような写真ばかりかも知れませんが・・・^^;
またお付き合い宜しくお願いします^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2012-08-23 21:22
凛さん こんばんは。
これで焼けてくれたらすごい事になっていたんでしょうが、
それでも表情が良かったのでいろいろと撮ってみました。
次は・・・北の方に行ってみました^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2012-08-23 21:23
hanapapaさん こんばんは。
似たような写真ばかりですが・・・^^;
少しだけですが色付いてくれたのでよかったと思っています。
また機会を見てここで撮影してみたいです^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2012-08-23 21:23
yukun2008さん こんばんは。
雲の表情がよかったので、
あまり焼けませんでしたが撮ってみました。
焼けてくれるとよかったんですが、
こればっかりは仕方ないですね^^;
Commented by hokkaido-tairiku at 2012-08-23 21:23
mimiさん こんばんは。
雲の表情がいい感じだったので
何枚も撮っちゃいました^^;
カメラによって色の出方が違うのが面白いですね^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2012-08-23 21:23
matsuさん こんばんは。
劇的な変化を期待して
最後まで粘ってしまいます^^;
この日はこれで終わっちゃいましたが、
それでも満足でした^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2012-08-23 21:23
lapislazuli54さん こんばんは。
空気が澄んでいるのでそんな感じがするのかも知れませんね。
まあでも実際そちらよりは涼しいですが・・・
次は北の方へ行ってみました^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2012-08-23 21:24
tazuさん こんばんは。
ここはキャンプ場のすぐ近くなんですが、
人もほとんどいないので撮影しやすいと思います。
北海道にいらした時は是非寄ってみて下さい!^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2012-08-23 21:24
itohnoriさん こんばんは。
仰るとおり、いつまで見てても飽きる事はないですね。
この日も暗くなるまで撮影してました^^;
次は北の方に行ってみました^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2012-08-23 21:24
りんさん こんばんは。
仰るとおり朝陽の方が元気をもらえる気がしますね。
でも朝が苦手な私にとって夕陽の方が撮りやすいですが・・・(苦笑)
次のシリーズは朝陽もバッチリです。
頑張って早起きしました(笑)
Commented by hokkaido-tairiku at 2012-08-23 21:25
mikaさん こんばんは。
こちらこそご無沙汰しています。
何とか元気でやってます(笑)
確かに道東は遠いですよね~
私も最近は行く回数が減りました。年のせいかも・・・^^;
ブログ再開されたんですね? 後ほどお邪魔させて頂きますね^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2012-08-23 21:25
はぴさん こんばんは。
いつもの事ながら暗くなるまで粘ってました(笑)
同じ夕景には二度と出会えないので
それぞれに感動がありますね。
雲がいい表情をしていました^^
名前
URL
削除用パスワード
<< 道北紀行2012~ヒマワリ 道東・オホーツク紀行2012~... >>