夜の帳

f0116528_2063875.jpg

ハルニレの木も今日が最終回です。
夜の帳(とばり)が下りる頃の景色を撮ってみました。
実際はほとんど真っ暗な状態なんですが、
長時間露光でなんとか木のシルエットを撮る事ができました。



f0116528_2092466.jpg
f0116528_2093360.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ ←ブログランキングに参加しています。よろしければ、あなたの一票をポチッと頂けると嬉しいです^^
by hokkaido-tairiku | 2009-12-08 20:10 | 夕陽 | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://hoktairiku.exblog.jp/tb/12457507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yukun2008 at 2009-12-08 22:04
こんばんは♪
ハルニエの樹に夜の帳が降りる頃ですか~♪、幻想的なメルヘンの世界を感じますね~!素晴らしい蒼さです。 ポチ!
Commented by houston at 2009-12-08 22:22 x
こんばんは。
少し残った夕焼けとブルーモメントの空のバランスが
とても美しいですね。ハレニエの木をシルエットにして
いたところも素敵です。夜の帳がおりる瞬間を捉えた
いい作品ですね。
ぽち。
Commented by sakura at 2009-12-08 22:22 x
こんばんは~。
ハルニレの木のシルエットは素敵ですね^^
冬になって枝だけになった木のシルエット、そして背景の空のもうすぐ夜の闇が迫ろうとしている空模様と
なんともドラマティックな光景です・・・。
空と枯れ木って冬の写真の被写体の中で自分は大好きなんですよね~^^
ぽち!
Commented by newyork-man at 2009-12-08 23:20
毎度です〜
タイトルと絵がこれだけ逢う写真も珍しいんと違いますか?! @.@
スミマセンこれもいただいて壁紙とさせていただいても? ^^
私的には一枚目が最高です〜 ^^/
Commented by nekosan61 at 2009-12-08 23:35
こんばんは
いいですねー、このような光景好きです
でもこの時間の撮影は難しいですよねー

さすがtairikuさんですね、見事です!
Commented by happysweets1205 at 2009-12-08 23:53
こんばんは~
オレンジキャンバスのハルニレの木とはまたぐっと違った表情になりますね。
1枚目の青とわずかに残ったオレンジがとっても綺麗ですね。
ハルニレの木の形も最高のシルエットだわぁ。
2枚目の左側の枝からこぼれる光は、何だろう?
お月様? お星様? ;;;;(;・・)ゞウーン 違うかぁ 
木になります。 あっ気になります(笑)
やっぱり1枚目が一番好き~ポチ☆彡
Commented by たらちね婆さん at 2009-12-09 00:39 x
ご無沙汰してます!

ハルニレの木っていうんですね
真っ暗なのに木のシルエットが撮れるなんて、不思議・・・
そういう技は まだ持ち合わせていませんので
あこがれてしまいます

また、雪の季節がやってくるんですね
大阪は、まだまだ暖かいかも?
Commented by doronko-tonchan at 2009-12-09 06:34
これもすばらしい!  あなたは真に「カメラマン」ですね^^
お世辞じゃなくこういう写真を観光ポスターに使うべきですよ豊頃町の観光関係者は・・・ 
Commented by snowy-scene at 2009-12-09 13:17
おぉ・・これもまたいいなぁ・・
まさに夜の帳が降りる頃。
色の美しさもさることながら
この樹形の見事なこと♪
私、十勝へハルニレを撮りに行かなければ!と
すごい決心を勝手にしちゃってるのですが^^
スキーやスノボじゃなくて
三脚抱えてJRでいっちゃおうかな(笑)
Commented by 74mimii at 2009-12-09 14:22
音もなく夜の帳がおりてハルニレをその中に包んでしまう・・・
周りの空気も次第に冷たくなっていきますね。
身が引き締まりそうな でも優しい雰囲気・・・ 
Commented by dacha883 at 2009-12-09 18:08
長時間露出の世界ですね。
横着者で三脚嫌いの私には撮れない世界ですね。
ブルーがとっても美しいです。 冷たいが澄んだ空気感が素敵です。
Commented by hokkaido-tairiku at 2009-12-09 21:26
yukun2008さん こんばんは。
ポチ、ありがとうございます^^
こんな時間まで粘った甲斐がありました(笑)
札幌に帰るまでけっこう時間がかかるんですが、
ここまで来たらもう同じだ、と開き直っての撮影でした^^;
Commented by hokkaido-tairiku at 2009-12-09 21:26
houstonさん こんばんは。
ポチ、ありがとうございます^^
実際はもっと暗かったんですが、
人間の目では見れない世界を撮る事ができました。
写真ってほんとに面白いですよね。
ここでこんなに遅くまで撮影したのは初めてだったのですが、
粘った甲斐がありました^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2009-12-09 21:26
sakuraさん こんばんは。
ポチ、ありがとうございます^^
私もこういったシチュエーションは大好きです。
葉が全部落ちた木って他の季節では見れない
独特な雰囲気を見せてくれますよね。
寒さにめげず頑張った甲斐がありました^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2009-12-09 21:27
newyork-manさん こんばんは。
はは^^;タイトルを付けるのはほんとに苦手なもので・・・^^;
実際は周りがうっすらと見えるくらいの暗さだったんです。
誰もいなくなっちゃって、撮影が終わって車までの距離が長かった・・・(笑)
どうぞどうぞ、こんなんでよかったらお使い下さい^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2009-12-09 21:27
nekosan61さん こんばんは。
確かにこの暗さの中での撮影は難しかったです。
ファインダーを覗いても上のほうは真っ暗で、
木がどこまで入っているのかも分かりませんでしたから・・・^^;
露出時間を色々変えて撮ってみましたが、
失敗写真も量産しちゃいました(苦笑)
Commented by hokkaido-tairiku at 2009-12-09 21:27
はぴさん こんばんは。
ポチ、ありがとうございます^^
この時間にここで撮影したのは初めてだったのですが、
思っていたよりいい感じで、次に来た時も
この時間まで粘るかもしれません(笑)
2枚目の左側の光は月なんです。きれいな三日月でしたよ^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2009-12-09 21:28
ジャガー姉さん こんばんは。
人間の目では見れない景色を長時間露光で撮る、
写真だからこそ見れる景色ですね。
今年は雪が遅れているようです。
早く雪景色の写真を撮りたいんですけどね~^^;
Commented by hokkaido-tairiku at 2009-12-09 21:28
FEEL GOODさん こんばんは。
いやいや、それは褒めすぎですよ^^;
私は自称「なんちゃってカメラマン」ですから・・(笑)
もし豊頃町で写真の募集があったら応募してみますかね^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2009-12-09 21:28
snowさん こんばんは。
おお、是非三脚持参でいらしてみて下さい!
snowさんが撮られたハルニレの木、拝見したいです。
でも、車で行った方がいいかもしれません。
暗くなると周りは真っ暗ですから・・・^^;
Commented by hokkaido-tairiku at 2009-12-09 21:28
mimiさん こんばんは。
この木は河川敷にあって、周りに何も無いので
ほんとに静かで少し怖いくらいです。
寒さを我慢しながらこの時間まで粘った甲斐がありました^^
Commented by hokkaido-tairiku at 2009-12-09 21:29
dachaさん こんばんは。
私も朝陽と夕陽以外はほとんど三脚を使わないんです^^;
いつも車には積んでいるんですけどね~(笑)
今年は雪が遅いようですが、今度来た時は雪原になっていてほしいものです^^
Commented by final_impression at 2009-12-10 23:24
最初の写真いいですね~.
最近木のシルエットに妙に反応してしまいます.
素敵です.
Commented by hokkaido-tairiku at 2009-12-11 20:10
final_impressionさん こんばんは。
私も木のシルエットは大好きなんです。
見つけると何とか撮れないかな?とあれこれ考えちゃいます(笑)
この日は露出を色々と変えながら何とか撮る事ができました^^
名前
URL
削除用パスワード
<< 最北の不凍湖 Take off! >>